機械式時計には手入れが必要!どの部分から手入れしていけばよいかを知ろう

admin / 2017年6月30日

まず必要なのはケースの汚れを取ること

機械式時計を扱う上でケースの手入れは欠かせません。ケースの汚れが目立ってしまうと、時刻を知りたいときに見にくくなってしまうので時計としての機能が低下してしまいます。ケースに付いている汚れが指紋やほこり程度であれば汚れの取れやすい布で拭くのが良いでしょう。眼鏡拭きを使えば綺麗に拭えるはずです。ケースの手入れは傷が付いてしまう危険性を回避するために、丁寧に優しく行うことが重要になります。汚れを拭きとったあとは空気が乾燥しているような場所を選んで保管しておくと、綺麗な状態を維持しやすいです。

ベルトのメンテナンスも忘れないようにしよう

もう1つ挙げられる手入れの必要な部分がベルトです。ベルトには革製と金属製のタイプがあります。タイプによって手入れの方法も変わってくることを知っておきましょう。革製の場合はカビが発生する可能性があるので、湿度を低く保つことが必要になります。表面が乾燥してきた場合にはデリケートケアを塗ることで、皮の傷みを軽減してくれるでしょう。金属製の場合は垢や皮脂が入り込みやすいです。この垢や皮脂を取り除くには中性洗剤を使って洗う方法が効果的な手段となります。中性洗剤で洗浄するときには、ケースからベルトを分離しておく方が良いでしょう。金属製の場合は擦り傷もケアすべきです。軽度な傷であればサンエーパールというアイテムを使って磨けば綺麗になります。傷が深くなってしまった場合は自分で手入れするだけでは改善しにくいので、時計を専門的に扱っている店に持っていくことをオススメします。

ウブロは、スイスの高級時計メーカーの腕時計です。その繊細な作りはまさに芸術的であり、腕時計職人の技が見事に表現された逸品です。今では芸能人や多くの著名人に愛用されている高級腕時計です。

@ 2017 Convenient Online Products . All Rights Reserved.