空間をおしゃれに彩るロールスクリーンはいかがですか?

admin / 2017年8月26日

ロールスクリーンの種類

ロールスクリーンは幅200cmまでのものが標準タイプのもので、高さはロールスクリーンによって300cmから450cmのものがあります。幅が幅270cmまで対応できる幅広のタイプもあります。

操作方法は、スプリングのチカラでヒモを引いて上げ下げするプルコード式(スプリング式)、チェーンで上げ下げするチェーン式があり、メーカーによって、上げる時はスプリングで自動で上がり下げる時はチェーンを使うワンタッチ式や、1本のコードで操作するワンコード式を採用しているものもあります。

ロールスクリーンには透ける生地と透けない生地を一つで操作するダブルタイプや、湿気に強い生地をつかって浴室などで使用できる浴室タイプもあり家の中の部屋に合わせたタイプを選ぶことができます。

部屋をおしゃれに仕切るロールカーテン

窓にはカーテンという方も多いのではないでしょうか?部屋をおしゃれに演出するならロールカーテンもおすすめです。

ロールカーテンには遮光や仕切りなどの用途がありますが、機能性やデザイン性が高いものが多くインテリアを飾るものとしても使うことができます。

キレイな風景やイラストがプリントされている生地のロールスクリーンであれば、遮光を兼ねて部屋の雰囲気を変えることもでき、カーテンと違って圧迫感がないため見た目もスッキリします。

また、ロールスクリーンはテンションバーがあればどこでも設置できるため、部屋を仕切るツールとしても活躍します。ロールスクリーンの生地は写真やイラストを自分が気に入ったものがプリントできるものや、サイズなどもオーダーできるので、窓や仕切りたい部分に合わせて作ることも可能です。

オーダーのロールスクリーンは、購入価格が高くなりやすいものの、デザイン性に富んだアイテムを手に入れたい人に最適です。

@ 2017 Convenient Online Products . All Rights Reserved.