都会に緑を!屋上緑化について正しく学ぼう!

admin / 2017年8月27日

建物の屋上に植樹を行うメリットと安全管理

屋上緑化は建物の屋上部分に樹木や芝生などを植えて緑化を施す作業を指します。植物の成長に伴う二酸化炭素の吸収によって周囲の気温上昇を抑える効果があるため、都市部ではヒートアイランドの予防策として広く実施されています。また、植物の緑は開放感を演出する効果があることから、人工物が多い街中の風景にアクセントをもたらすことが出来るのもメリットの一つです。

屋上緑化は植物を根付かせるための土壌や水撒きの設備を整える必要があるので、建物に大きな負荷が生じます。特に築年数が長い建物は経年劣化によって建材が傷んでいることが多いので、屋上緑化を行う際は補強工事が不可欠です。また、落ち葉や枯れた枝が飛散して周囲を汚損する問題もあるので衛生面の管理も徹底する必要があります。

屋上緑化に適した品種の選び方

屋上緑化は都市部の環境を改善させる目的で行うので、気温が上昇する夏季に入る前に成熟する品種の植物を植えることが大切です。また、葉を多く茂らせる品種は遮熱性が高く、建物の室温を安定させる効果があります。その一方で品種によっては害虫や病気の被害に遭いやすいのでこまめなお手入れが不可欠な点を注意します。立地環境も植物の生育に大きな影響をもたらすので、地域に適した品種を選ぶのが屋上緑化を長く続ける条件です。特に雪が降り積もる地域では越冬できる品種を選ぶ必要があることから、緑化作業の際は植物の性質に詳しい業者を選ぶように心がけます。

屋上緑化は長く続けることで周囲の環境改善が可能になります。そのため、植える品種も寿命が長く頑丈で、手入れがしやすいものを選ぶことが大切です。

屋上緑化の管理は植物の育成と建物の耐久性を考慮することが重要です。特に古い建物は耐久性が低下しているので、緑化に用いる植物は大きくならない品種を選ぶのが賢明な対処法になります。

@ 2017 Convenient Online Products . All Rights Reserved.